中古ドメインを買ってサテライトサイトを作る時、気にしてほしいのがIP分散。これを気にしないという人もいますが、IPが同じということは同じ住所から大量のリンクが貼られているということ。これではあなたの自演、Googleにバレバレですよ!

中古ドメインとIP分散でバレないSEO対策

ドメインを入手

ホームページを立ち上げたけど、全然アクセス数が伸びないと悩んでいる人もいることでしょう。 趣味でやっているホームページなら、アクセス数が少なくても問題ないですが、ビジネスでホームページを作っている場合は、アクセスが少ないと収入にも影響してしまいます。 どうしてもホームページのアクセス数を増やしたい場合は、SEO対策をするといいですが、あまり費用をかけずにSEO対策をしたいならば、中古ドメインを取得するといいでしょう。 中古ドメインならば、SEOで順位が優位になります。 ただし中古ドメインで意図的な被リンク対策をしてしまうと、Googleからペナルティを受けることになります。 せっかく中古ドメインを取得しても、ペナルティを受けてしまうと、順位も下がってしまいます。 そうならないためには、バレないSEO対策が必要になります。 意図的でばれやすいSEO対策として、同じIPアドレスの被リンクを多く集めているケースがあります。 やはり同じIPアドレスから多くの被リンクが集まっていると、意図的にSEO対策をしていると思われがちです。 できるだけIPは分散した方がバレにくいです。 IP分散する方法として、複数のWEBサーバーをレンタルしたり、IP分散サーバーをレンタルする方法もあります。 サーバーは海外のサーバーを使って分散されることも多いですが、その場合はGoogleの評価も下がることもあります。 中古ドメインで意図的にSEO対策をしていることがばれない方法として、急激に被リンクの数を増やさないことです。 毎日少しずつ被リンクを増やしていくと、Googleの評価も高くなります。 被リンクの数よりもドメインの数を増やすと、より評価が高くなり順位も上位に表示されます。