中古ドメインを買ってサテライトサイトを作る時、気にしてほしいのがIP分散。これを気にしないという人もいますが、IPが同じということは同じ住所から大量のリンクが貼られているということ。これではあなたの自演、Googleにバレバレですよ!

中古ドメインで量産されたサテライトとbiglobe

中古ドメインはサテライトサイト作成に使われることが多くなっており、量産する際には必須とも言われてきています。サテライトサイトの役割はリンクをメインサイトに送り込むことです。ウェブサイトの価値はバックリンクの数と質であり、両者を兼ね備えた中古ドメインは価格が高くなる傾向が続いています。従来、サテライトサイトといえばbiglobeなどのプロパイダが用意するウェブサイトや無料ブログサービスで作り上げることが多かったのですが、手軽に作れる分、価値が下がってしまっています。検索サイトのアルゴリズムによってはドメインが設定されていないサイトはバックリンクとして価値を下げている場合もあると考えられており、サテライトサイトを運用する際には独自ドメインが必須になってきてます。ただし、サテライトサイトはそれほどコンテンツに力を入れられないので時間短縮も兼ねて中古ドメインの活用が勧められています。中古ドメインはもともと使われていた際に作られた評価を多数もっています。評価は検索サイトで作られるインデックスと各種サイトで作られるバックリンクです。特にバックリンクについてはサテライトサイトとして特に重要な評価であり、バックリンクを多数持っている中古ドメインは価値がとても高くなります。ただし、バックリンクはあるだけでは意味がありません。そこにはリンクをクリックしたら魅力的なコンテンツがあることが大事です。コンテンツについてはメインサイトへの誘導が重要ですが、大量生産することも可能ですから対応はしやすいです。サテライトサイトからのリンクをメインサイトへスムーズに誘導することが中古ドメインを活用する理由となっています。