中古ドメインを買ってサテライトサイトを作る時、気にしてほしいのがIP分散。これを気にしないという人もいますが、IPが同じということは同じ住所から大量のリンクが貼られているということ。これではあなたの自演、Googleにバレバレですよ!

中古ドメインのコンテンツのクロールのタイミング

中古ドメインを設置した場合に気になるのがクロールのタイミングだと言う方も多いです。クロールは各検索サイトでロボットがウェブサイトをチェックすることであり、そのタイミングは非公開となっています。しかし、一般的に更新が多いサイトやインデックスが多いサイトは巡回が多いと言われており、中古ドメインを導入したサイトの多くがすぐにクロールが始まったと言われています。クロールの回数が多く、早く巡回してくれることは検索サイトの評価が高いことであり、検索順位にも強く影響します。また、PINGで更新情報を伝えた場合でもクロールしてくれるタイミングがとても速いのも嬉しいところです。このような利点は中古ドメインの特徴でもありますが、重要なポイントがあります。それはコンテンツをインデックスに合わせる必要があることです。インデックスはある程度の期間残されるのですが、コンテンツに接続された際にまったく違うカテゴリの場合は書き換えるというよりも削除対象となることが多いようです。そのため、中古ドメインを活かしたいならカテゴリがインデックスのカテゴリと同じようなものにし、定期的な更新が大事です。更新はゆっくりでもかまいませんが、中古ドメインを利用する場合は接続するとすぐに評価になるので公開するタイミングは重要です。バックリンクについても同様ですが、特に実際の視聴者となるので注意したいところです。視聴する際、リンクが切れていればアドレスを変えればアクセスできますが、殆どの場合書き換えはしてくれず、すぐに退去します。そのため、ウェブサイトを公開するときにはSNSの主要なリンクにはコンテンツを接続しておくことが大事です。