中古ドメインを買ってサテライトサイトを作る時、気にしてほしいのがIP分散。これを気にしないという人もいますが、IPが同じということは同じ住所から大量のリンクが貼られているということ。これではあなたの自演、Googleにバレバレですよ!

中古ドメインのペナルティによるエラー回避

中古ドメインはアフィリエイトなど運用するユーザーにはとても魅力的なものでありますが、一方でリスクもあります。それらをうまく見つけて対処することでSEOt対策に効果を上げることができるようになります。
中古ドメインというのは基本的に更新期限切れとなったドメインのことですが、これまで運用されてきた実績を引き継ぐことができるので、例えばサイトランクやドメインエイジを引き継いて検索エンジンの上位に表示されるというメリットがあります。
新規のドメインの場合は簡単には検索エンジンに表示されることはできません。やはり時間がかかってしまう事になります。すぐにSEOt対策をして効果をあげたいという場合に利用するのです。
しかし一方でリスクがあるのはペナルティエリア内を受けていることがあるという事です。せっかく中古ドメインを購入して、なんども更新をしても検索エンジンに表示されないということがあります。
中古ドメインは被リンクも引き継ぐ事になりますが、スパム的なリンクであったり、価値のないリンクであったり、リンク先がエラーとなるような場合にペナルティを受けることがあるのです。このような場合は価値のないリンクやエラーとなるリンクを削除するという事になります。
新規のドメインの場合はきれいな状態からスタートできますが、ペナルティを受けているとその整理から始めなければいけません。中古ドメインを選ぶときに事前にチェックをしておくことが大切なのです。
その方法としてはドメイン名で検索してその評判を確認するという方法、トラフィックや通知を事前に確認することでペナルティを受けているか判断することができます。中古ドメインは事前にその質を確認しておくことでとても有効なSEO対策となるのです。