中古ドメインを買ってサテライトサイトを作る時、気にしてほしいのがIP分散。これを気にしないという人もいますが、IPが同じということは同じ住所から大量のリンクが貼られているということ。これではあなたの自演、Googleにバレバレですよ!

中古ドメインのdevでの利用と削除について

中古ドメインを活用する際に注意したいのが想定以上のウェブサイトの評価アップだと考える方も少なくありません。ウェブサイトに中古ドメインを利用するだけなら評価が上がって問題ないのですが、サテライトサイトでの運用であった場合はメインサイトとの関係構築が狂ってしまうケースもあるので注意が必要です。ときにはdevを重視してメインのウェブサイトから切り離して別グループを作るという場合も少なくありません。リンクの削除は難しいことはありませんが、削除されるとウェブサイトの関係性が変わってくるので影響力が強い中古ドメインの場合は検索サイトでの評価にも影響を及ぼすことがあります。そのため、サテライトサイトでの中古ドメインの運用は特に注意が必要です。中古ドメインの評価は検索サイトでのインデックスの数と質が重要となっていますが、さらにカテゴリは注意が必要です。中古ドメインが評価されているカテゴリにウェブサイトを合わせると評価を一気に受け継ぐことになります。多くの場合、引き継いで一気に評価を上げたくなるところですが、サテライトサイトでの運用では注意が必要です。あまりに評価が良い場合はリンク構造を壊してしまいかねないからです。もちろん、バックリンクはSNSなどのリンクも重要視されているのでそうそう全体のリンク構造を壊すことはないのですが注意は必要です。また逆にブラックリストに載っているような評価が悪い中古ドメインを接続してしまうと全体の評価を下げかねないので注意が必要です。場合によってはnofollowなどを利用したり、検索サイトへリンクの解除を申請するなどして関係性を遮断しなくてはならないケースも出てきますので中古ドメインの選択はとても大事です。