中古ドメインを買ってサテライトサイトを作る時、気にしてほしいのがIP分散。これを気にしないという人もいますが、IPが同じということは同じ住所から大量のリンクが貼られているということ。これではあなたの自演、Googleにバレバレですよ!

元の保有者のドメインパワーが生きる中古ドメイン

インターネットのキーワード検索でページの上位にサイトを表示させるには、より高いドメインパワーが重要となってきます。この「ドメインパワー」とは、そのドメインの信頼性を表すもので、この信頼性をあげればそれだけインターネット上を動き回っている検索ロボットに評価されていきます。そしてその評価をじょじょに積み重ねていくことによってキーワード検索の検索結果で、ページの上位に表示されるようになるのです。インターネット上には、似たようなテーマのサイトが星の数のように無数に存在しますが、キーワード検索では、そのなかでよりドメインパワーの高い方が、より上位に表示されるようになるのです。これはSEO対策としては非常に重要なことで、ほとんどのユーザーはキーワード検索をしても最初の1ページしか目を通さないし、クリックして開くサイトはその1ページ目の上位数個のみです。このような事実を踏まえると検索結果で、なるべく自身のサイトやブログを上位に表示させるということ、つまりドメインパワーを上げるということがいかに、SEO対策とし重要なことなのかということがわかるはずです。そしてドメインは元の保有者が期限切れなどで所有権を失うと、「中古ドメイン」として別の第3者が購入して取得することができるようになります。しかも前の所有者が溜めたドメインパワーは元の保有者から、別の第3者にその所有権が移ったとしても、そのまま引き継がれるというメリットがあるのです。このように、元が優良なドメインであれば中古ドメインとして購入し取得することによって、スタートからドメインパワーを溜めていくという作業を大幅に省くことが可能となるのです。